(たおやかインターネット放送)お出かけマイク漬物の神を祀る日本唯一の萱津神社


萱津神社(かやづじんじゃ)
日本武尊が東征の途中に参拝したと伝えられる古社で、古くは、「草ノ社(かやのやしろ)」、「種の社(くさのやしろ)」、「阿波手の社(あわでのやしろ)」とも呼ばれていたそうです。また『漬け物の祖神』とされています。
『漬け物の祖神』
また、昔この付近一帯は海岸に面しており、神前の供物が腐敗するのを惜しんだ人々が、社殿の傍らにカメを置き、その中に供物(野菜や塩)を入れたところ、ほどよい塩漬けができたのだそうです。
味が変わらないことから当時の人々は「神からの贈り物」として万病をなおす御守としたのが漬物の始まりです。
リポーター:マ ミ
たおやかインターネット放送HP:http://taoyaka.at-ninja.jp/

この記事へのコメント