(たおやかインターネット放送)たおやか瓦版ほとんど雨が降らないイスラエルが有数の農業輸出国に

下記の表題をクリックしますと記事が表示されます
イスラエルの最先端.doc
イスラエルが、世界有数の「農業輸出国」である事実は、日本ではあまり知られていないのではないでしょうか。イスラエルの国土は狭い。だいたい日本の四国と同じくらいです。しかも国土の6割ほどが砂漠で、国の南側はほとんど雨が降らないそうです。
イスラエル1.jpg
北側に行くほど降水量は増えていくが、やや北寄りにある首都テルアビブの年間降水量は東京のおよそ3分の1。それも雨季の3カ月に集中して降ってしまい、残り9カ月はほとんど降らない乾季となります。さらに、土壌にほとんど養分が含まれていないのだといいます。普通に考えたら、こんな条件で農業をやろうとは考えないでしょう。それでもイスラエルは毎年一定量の農作物を収穫し、人口が少なく国内の需要に限りがあるため、せっせと他国に輸出している。どういうことでしょうか?
イスラエル農業.jpg
たおやかインターネット放送HP:http://taoyaka.at-ninja.jp/



この記事へのコメント