(たおやかインターネット放送)たおやか瓦版「いつも赤字」夫婦で駄菓子店60年

下記の表題をクリックしますと記事が表示されます
「いつも赤字」夫婦で駄菓子店60年

駄菓子屋.png
10円や30円のお菓子が、子ども目線の低い陳列棚にずらりと並ぶ。くじ引きも人気だ。福岡県大牟田市平原町の駄菓子店「沖商店」。日々の客は、小銭を握りしめてやってくる子ども20人ほど。 少子化でふだんものんびりした店だが、新型コロナウイルスの影響で客はほとんど来なくなったという。
駄菓子屋老夫婦.jpg
それでも店は開け続ける。「子どもたちの元気な声ば聞きたかもんね」。敏夫さんの気がかりは、商品を卸す問屋の動向だ。ウイルスの影響でつぶれれば商品が入らなくなり、店を維持できない。「とにかく早く終息してほしかね」
たおやかインターネット放送HP:http://taoyaka.at-ninja.jp/

歴史交流会メンバー募集
名古屋市在住又は、近郊にお住まいの方
歴史好きの方を募集します。
月に1回史跡巡り意見交換会を行います
入会年会費は無料です。参加費は実費です
ジャンルは、戦国から明治時代迄に興味の
ある方の参加をお待ちしています。
問合せ参加希望の方は下記迄ご連絡下さい
mail:mssnagoya@yahoo.co.jp
森下

(たおやかインターネット放送)歴史ぶらぶらり.jpg





この記事へのコメント